アメリカ看護・現場視察研修ツアー:2016年7月25日(月)~7月30日(土)/4泊6日

海外看護研修プログラム弊社が提携している、アメリカの臨床で実際に実習体験ができる貴重な海外研修です。企画運営をしているミレニア・ホールディングス株式会社のミレニア・エデュケーションは、医療・福祉研修実績20年以上、米国ヘルスケアにおいて、在宅医療プロバイダーとしても20年以上の経営・ 臨床活動の実体験とネットワークを活用し、専門的で実践的な研修を提供しています。 また、米国内で訪問介護も展開し、業界の生の情報を提供しています。米国の様々な看護師の活躍する現場を見たい方、自身の分野の知識を深めたい方、多くの看護師さんからのご応募をお待ちしています!

応募要項

研修地:ロサンゼルス
【現職対象】2016年7月25日(月)~7月30日(土)申込み締め切り6月24日
ご旅行代金:414,000円(2名様1室利用時のお一人様代金)
ポスターはこちら→Nurse tour 日程詳細

【学生対象】2016年8月29日(月)~9月04日(日)申込み締め切り7月29日
ご旅行代金:287,000円(2~3名様1室ご利用の場合)
ポスターはこちら→Student tour 詳細日程

※旅行代金には燃油サ-チャージ、国内空港施設使用料等及び、海外空港諸税が含まれておりません。旅行代金の他に別途必要になります。
『日本国内空港施設使用料』成田空港2,610円、関西空港3,040円『海外空港諸税』約7,000円『燃油サーチャージ』無料(注燃油サ-チャージは原油価格の変動により変更することがあります。)
*4月現在有効な航空券で設定しております。申込時に旅行代金が変動する場合がございます。
*最少催行人数6名(催行決定は6月24日までにご連絡いたします。)
団体お申込みも随時受け付中(1グループ6名様以上)団体のお申込みであれば目的と予算に合わせたカスタマイズ研修も可能です。

海外看護研修プログラム企画・運営会社:ミレニア・ホールディングス株式会社
研修実積:実積15年 過去の受講者数7200名以上
研修対象職種:看護師(看護管理コースもあり)・薬剤師・理学療法士・臨床工学技士
研修の特徴:現地スタッフ・臨床指導Ns.も全て日本人(ミレニア社が現地の日本法人)
語学力:英語力問わず
開催:基本プログラムはありますが、希望にてアレンジも可能です。年に2回の定期海外研修と、皆様のニーズに応じたオリジナル研修も可能です。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

ミレニア社ご提案 研修のメリット

ナースプラクティショナーの幅広い業務解説

日米両方の正看護師ライセンスを持つUCLA大学病院勤務経験を持つ日本人看護師による日米看護比較の講義。

護師の意見が病棟現場に反映される仕組みの徹底解説

マグネット病院(全米看護協会より看護の最高スタンダードを保持していると評価された病院の認定)の現場視察。

現場で活かせるヒントを数多く入手!

2%という驚きの看護師離職率を可能にした「看護師を的確にサポートしケアの質を向上させる」システム紹介。

※日本語研修資料・専門通訳をご用意致します。研修終了後には、修了書がもらえます。
※経験と知識豊富な現地日本人スタッフによる安心のサポート!

研修日程

午前 午後
1 ロサンゼルス集合 ホテルチェックイン
【講義】
○米国医療制度概要
各医療サービスと患者の流れ・日米比較
○DRG制度(疾病別包括支払い方式)採用による在院
日数短縮等の医療システム変換
○医療保険制度とマネージケア
(公的医療保険・民間医療保険とマネージドケアの仕組み
【視察】大手急性期総合病院
現場視察・看護研修と質疑応答
(内容例:ER,ICU,一般病棟)
○看護部管理とのディスカッション
(トピック例:看護師の勤務体制、管理体制
正看護師の機能、日常業務の流れ、多職種連携他)
【講義】
○米国看護師による講義
看護診断と看護計画の実際br/> ○患者教育
○ナース・ナースプラクティショナー、CNSなど
上級看護師の活動の実際
○奨励検討
【視察】回復期リハビリ専門病院
(内容例:脊髄損傷、脳外科、脳卒中、技術センター他)
○看護教育担当者によるプレゼンテーション
(内容例:日常業務の流れ、投薬管理、多職種管理
退院評価と患者。家族教育など)
【視察】
○シニア総合施設
現場視察(ナーシングホーム、認知症ユニット
介護施設、リハビリ・ルーム他)
○臨床管理者とのディスカッション
(内容例:急性期病院との連携、新規患者受け入れ
~退院までのサービスの流れ、転倒予防他)
ミレニア社オフィスにて
米国看護研修 修了書の授与
オプショナル研修、以下より選択(2名以上)
【視察④】A 訪問看護会社
看護部長によるプレゼンテーション
(内容例:平均訪問154回で終了させる
米国型訪問看護の実情、症例検討他)
【視察④】B 専門病院(マグネット病院)
○現場視察・看護師との質疑応答
(内容例:新生児IUC、癌病棟他)
○看護師長とのディスカッション
(内容例:バーサント新人教育プログラム、継続教育
スタッフ満足度向上・離職率低下対策
投薬ミス防止対策他)
【視察④】C ホスピス施設
ホテルチェックアウト
日本着

施設の都合により、見学場所が変更する場合がありますので、予めご了承ください。
その他、ご要望に応じて視察内容をアレンジします。

ご旅行条件

視察先の事情により、研修先・内容が変更になる場合がありますので、予め、ご了承ください。
研修料金に航空券費用は含まれません。
※利用予定航空会社/アメリカン航空、シンガポール航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、全日空、日本航空
※宿泊予定ホテル/ミレニアムビルトモア、ダブルツリー・バイ・ヒルトン、カワダホテル、オックスフォードパレス、LAホテルダウンタウン、ガーデンスイートホテル
※食事/朝食0回・昼食0回・夕食0回
※募集定員/12名様以上の場合、同行致します。12名様未満の場合、現地係員がご案内致します。
※申込期限/2016.6.24

旅行代金(日本国内空港施設使用料、燃油サーチャージ、空港諸税は、別途)

■基本代金(2名1室利用お一人様代金)¥414,000
■基本代金(1名1室利用)¥444,000
■最終日追加オプション(午後半日視察)¥48,000
■ビジネスクラスアップ代金¥320,000

研修参加者の声

東京大学附属病院 看護職員・管理職

こちらの知りたい内容・質問事項などについて、事前に担当者と打ち合わせがされていたり、タイムスケジュール管理など無駄のない研修であったと思う。また、現場のスタッフの話が具体的で米国看護のイメージがよくつかめた。

徳洲会グループ内病院 看護部管理者

看護師の12時間勤務体制の利点を学んだ。米国でも移行に伴う苦労があったように、我がグループでも大きなハードルが有りそうだが、スタッフの意見を尊重しながら検討していきたい

島田病院 院長

今回の研修を通し、質の高い医療を提供する為に求められている本来の業務が再確認できた。

白十字会 グループ内病院 看護師

米国では看護師が患者の観察の主体となり活躍している

名古屋市立大学病院 緩和ケアチーム看護師

緩和ケアのナース・プラクティショナーが癌患者・家族の終末期ケアへの移行のサポート、医師との連携、地域での啓蒙活動など、全て一人でこなしており、仕事量と質に驚いた。自分の病院でどうすれば改善できるのかというヒントになったし、大きな励みになった。

市立札幌病院 看護師

スタッフのサポートが充実していた為、課題を確認しながら充実した研修が行えた。研修後病棟の新人教育体制、退院後援助アセスメントシートの改善に取り組んでいる。新しい取り組みを始めるにあたり難しいこともあるが、部署で成果を出し粘り強く頑張りたい。

東京大学附属病院 医師

現地スタッフの下準備とコーディネーションで満足度が最高の医療研修でした。日本での日々の診療内容の改善につながるアイデア・情報を予想以上に得ることができました。

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ・お申し込みは、こちら→お問い合わせフォーム
一般社団法人 ナイチンゲールスピリット連盟
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-5-6 日本橋大江戸ビル503
Tel: 03-5643-7500 / Fax: 03-6800-2522
E-mail: info@ns-spirit.com
旅行手配会社 株式会社 ジェイワールドトラベル